アトピー性皮膚炎への分子栄養療法

子供のアトピーは多い。なんとかしましょう。 例1:自分の子供の3歳で発症した。最初3年は除去食をしたが、一向に良くならない。 昨年から高タンパク食、鉄、B、Cを始めた。何度も挫折しながら続けた。 約1年でかなり改善もまだ … [Read more…]

•••依存症から抜ける

•••依存症と聞くといろいろ含み大きな話になりますが、少しまとめてみたいと思います。 アルコール依存 薬依存 ゲーム依存 ネット依存 過食症 恋愛依存 対人依存 子供依存 他大なり小なり誰でも持っているものかもしれません … [Read more…]

松果体について

扁桃体が不安、恐れなどネガティブな感情の原点とすれば、松果体はオキシトシン、メラトニンを分泌し、幸福感、安心感、満足感を感じる原点です。 松果体のことは謎が多いです。 一説によると人間と宇宙エネルギーをつなぐ場所。 松果 … [Read more…]

不安症、恐れには

不安、焦燥、何も手につかない、悩みすぎるという感情は脳の扁桃体の興奮によって起こる 扁桃体の興奮はストレスを受けることから起こる。 ストレスは生きていく上で無くなることはない、(どんなにストレスを除いていっても、重力も体 … [Read more…]

過食症・スイーツ好き 対策

脳のストレスに対しての対処法 ストレスを受ける、抗ストレスホルモン作るが足りない。(コレステロール、ビタミンC、ビタミンE不足のため) 低血糖状態陥る。 脳がエネルギー不足となり、食欲中枢を刺激し、最も血糖値を上げやすい … [Read more…]

シトルニン

シトルリンは、日本ですいかから発見されたアミノ酸の一種。 ウリ科(きゅうり・スイカ)の植物に多く含まれており、一酸化窒素(NO)の生産を促すことで、血管を拡張させる効果を持ちます。 <血流を改善> シトルリンはスイカに多 … [Read more…]

アルギニン

アルギニンとはアミノ酸の種類 ◆血管を広げて血液を通り易くするために、重要な役割を果たす (血管を広げるために必要な一酸化窒素はアルギニンから作られます) ◆カラダの余分なアンモニアを除去するのに有用なアミノ酸 ◆免疫能 … [Read more…]

カルシウム

カルシウム 著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約 カルシウムがないと人はクラゲになるだろう。カルシウムの99%が骨と歯に蓄えられる。毎日700 … [Read more…]

マグネシウム

マグネシウム 成人には体内に20−30gのマグネシウムがある。半分以上が骨に蓄えられている。もう半分は細胞間に存在する。血漿の1/3のマグネシウムはタンパク質と結合している。血液濃度は平均1-3mg/100ml. 硬水を … [Read more…]

亜鉛と銅 Zinc&Cupper

著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約しました 亜鉛 成人では2−3gの亜鉛が体内にあり、主に骨に蓄えられている。血中の亜鉛濃度は80−110m … [Read more…]