Pocket

鉄 

著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約しました

大人は3−4gの鉄を体内に持っている.70%は血液のヘモグロビンにそれ以外は脾臓と骨髄にある。鉄を多く含む食事は全粒穀物、肝、卵、肉に含まれている。乳製品、オイル、フルーツ、野菜にはわずかに含まれる。鉄製のフライパンは有効である。食事からは約10%程度しか吸収されない。ヘム鉄(肉からの)は30%程度吸収され最も有効である。鉄はフェリチン値、食物のヘム鉄量、体の鉄の必要度、ビタミンC濃度、カルシウム濃度によって吸収が変わる。非ヘム鉄、タンニン酸などによって吸収は低下する。EDTAも鉄吸収を阻害する。

鉄は女性では生理で減少していく、成人男性でも平均1mg/日鉄を消費する(汗から)
鉄吸収は胃切除後の人、吸収不良症候群の人で低下する。
約10−25%の女性は鉄不足である(アメリカ、日本ではもっと多い)
鉄不足によって鉄欠乏性貧血を起こす、症状は倦怠感、精神不安、異食(甘党、冷たいものを好む)
爪の変形である。過剰な出血(整理過多)がある場合はヘモグロビン値によらず鉄不足を疑うべきである。

摂取量
鉄は大量に摂取するものではないが、平均5-20g/dayの摂取が推奨されている。平均男性で10mg/day消費し女性では20mg/day消費している。

補足
藤川理論によれば日本人の多くは鉄不足、特に女性。
血液検査でフェリチン値を測定 目標200 

コメントを残す