うつ病

うつ状態は脳内の①セロトニン、②ノルアドレナリンの低下による症状と言われる ①セロトニンはトリプトファン(アミノ酸)から作られる入眠物質 セロトニン合成には補酵素(ビタミンB6、C)と日光が必要 ②ノルアドレナリンはチロ … [Read more…]

不眠症には

夜眠れない時は脳内が興奮している証拠 脳内物質セロトニンは入眠物質、ナイアシン(ニコチン酸)も鎮静作用あり 両者ともトリプトファン(アミノ酸)からつくられ、ビタミンB6、ビタミンCが補酵素として必要 眠るためにはそれらを … [Read more…]

肩こり 腰痛 筋肉痛には

筋肉痛の原因は①乳酸の蓄積と②虚血による活性酸素障害 ①乳酸の蓄積 筋肉内のエネルギー代謝でビタミンB(B1)不足の時 グルコース⇨ピルビン酸⇨アセチルCoAへ変換できずクエン酸回路機能低下(ミトコンドリアを利用できない … [Read more…]

分子栄養療法 実践 抗ウイルス対策

ウイルスは体内の細胞に侵入し、自分のDNA、もしくはRNAを複製し細胞を破壊しながら爆発的に増殖する そしてさらに細菌感染など2次感染も起こしていく その防衛には ①ウイルスの侵入を防ぐ:人混みに行かない、マスク、手洗い … [Read more…]

最重要④ 活性酸素対策(老化、病気予防)

細胞が十分に機能するには4つの条件 1:細胞の構成成分である蛋白質(アミノ酸)と脂質が足りていること 2:エネルギー不足にならないこと 3:新陳代謝がスムーズに行われること(メガビタミン、鉄、ミネラル) 4:細胞を傷つけ … [Read more…]

最重要③ メガビタミン

細胞が十分に機能するには4つの条件 1:細胞の構成成分である蛋白質(アミノ酸)と脂質が足りていること 2:エネルギー不足にならないこと 3:新陳代謝がスムーズに行われること(メガビタミン、鉄、ミネラル) 4:細胞を傷つけ … [Read more…]

最重要② 細胞のエネルギー 

細胞が十分に機能をするには4つの条件 1:細胞の構成成分である蛋白質(アミノ酸)と脂質が足りていること 2:エネルギー不足にならないこと 3:新陳代謝がスムーズに行われること(メガビタミン、鉄、ミネラル) 4:細胞を傷つ … [Read more…]

最重要① 蛋白質、アミノ酸

細胞は主にタンパク質(アミノ酸)と脂質からできています。脳も皮膚も内臓も筋肉も骨も血液も全て蛋白質と脂質でできています。 常にエネルギーを作り、必要な酵素や蛋白質をDNAから合成し働いています(これを代謝と言う。)。細胞 … [Read more…]