マグネシウム

マグネシウム 成人には体内に20−30gのマグネシウムがある。半分以上が骨に蓄えられている。もう半分は細胞間に存在する。血漿の1/3のマグネシウムはタンパク質と結合している。血液濃度は平均1-3mg/100ml. 硬水を … [Read more…]

亜鉛と銅 Zinc&Cupper

著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約しました 亜鉛 成人では2−3gの亜鉛が体内にあり、主に骨に蓄えられている。血中の亜鉛濃度は80−110m … [Read more…]

鉄  著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約しました 大人は3−4gの鉄を体内に持っている. 70%は血液のヘモグロビンにそれ以外は脾臓と骨髄に … [Read more…]

ビタミンE

ビタミンE 著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約しました 歴史 1922年発見される 省略 天然と人工で構造が違うので注意 天然dαトコフェノ … [Read more…]

ビタミンD

ビタミンDについて 著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約しました 1936年にマグロの脂から初めて抽出された。1952年合成に成功。 人体では … [Read more…]

ビタミンA

ビタミンAについて 著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約しました 含まれる食べ物 肉、魚油、牛乳、バター、卵、緑黄色野菜に含まれる 緑黄色野菜 … [Read more…]

子供への分子栄養療法 実践編

子供への高タンパク、メガビタミンは子供が嫌いにならないようにうまく工夫しましょう ヨーグルト、アイス、炭酸水、ときにはジュースも口当たりの良いものを一緒に、飲めたら褒めてあげましょう 親も一緒に行うことが一番説得力ありま … [Read more…]

脳内神経伝達物質 興奮(アセチルコリン)/抑制(GABA)

脳内伝達物質  <興奮系:覚醒系>多数ある アセチルコリン:レシチンから体内で合成される アセチルコリンが低下すると認知症が進むと言われている 納豆(フォスファチジルセリン)、卵、大豆(レシチン)に多く含まれる <抑制系 … [Read more…]

脳内神経伝達物質 オキシトシン(幸せホルモン)

幸せホルモン オキシトシン:9個のアミノ酸からなる オキシトシンが多いと愛情あふれる、幸せ、満足感高い状態となるが、少ないと嫉妬、ひがみ、自己嫌悪などが出てくる さらにオキシトシンは、精神的な安定を与えるといわれるセロト … [Read more…]

アルツハイマー認知症への分子栄養療法

アルツハイマー型認知症とは 神経伝達物質:アセチルコリンの低下が主原因 食事について<ブレイン・フーズ>:脳を活性化させる食べ物のこと⇨良質なタンパク質+脂質 ① 納豆(大豆食品に含まれるレシチン、チロシン) ② 卵(レ … [Read more…]