不安症、恐れには

不安、焦燥、何も手につかない、悩みすぎるという感情は脳の扁桃体の興奮によって起こる 扁桃体の興奮はストレスを受けることから起こる。 ストレスは生きていく上で無くなることはない、(どんなにストレスを除いていっても、重力も体 … [Read more…]

過食症・スイーツ好き 対策

脳のストレスに対しての対処法 ストレスを受ける、抗ストレスホルモン作るが足りない。(コレステロール、ビタミンC、ビタミンE不足のため) 低血糖状態陥る。 脳がエネルギー不足となり、食欲中枢を刺激し、最も血糖値を上げやすい … [Read more…]

シトルニン

シトルリンは、日本ですいかから発見されたアミノ酸の一種。 ウリ科(きゅうり・スイカ)の植物に多く含まれており、一酸化窒素(NO)の生産を促すことで、血管を拡張させる効果を持ちます。 <血流を改善> シトルリンはスイカに多 … [Read more…]

アルギニン

アルギニンとはアミノ酸の種類 ◆血管を広げて血液を通り易くするために、重要な役割を果たす (血管を広げるために必要な一酸化窒素はアルギニンから作られます) ◆カラダの余分なアンモニアを除去するのに有用なアミノ酸 ◆免疫能 … [Read more…]

カルシウム

カルシウム 著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約 カルシウムがないと人はクラゲになるだろう。カルシウムの99%が骨と歯に蓄えられる。毎日700 … [Read more…]

マグネシウム

マグネシウム 成人には体内に20−30gのマグネシウムがある。半分以上が骨に蓄えられている。もう半分は細胞間に存在する。血漿の1/3のマグネシウムはタンパク質と結合している。血液濃度は平均1-3mg/100ml. 硬水を … [Read more…]

亜鉛と銅 Zinc&Cupper

著書:Orthomolecular Medicine for everyone 作者Abram Hofferを要約しました 亜鉛 成人では2−3gの亜鉛が体内にあり、主に骨に蓄えられている。血中の亜鉛濃度は80−110m … [Read more…]

脳内神経伝達物質 興奮(アセチルコリン)/抑制(GABA)

脳内伝達物質  <興奮系:覚醒系>多数ある アセチルコリン:レシチンから体内で合成される アセチルコリンが低下すると認知症が進むと言われている 納豆(フォスファチジルセリン)、卵、大豆(レシチン)に多く含まれる <抑制系 … [Read more…]

脳内神経伝達物質 オキシトシン(幸せホルモン)

幸せホルモン オキシトシン:9個のアミノ酸からなる オキシトシンが多いと愛情あふれる、幸せ、満足感高い状態となるが、少ないと嫉妬、ひがみ、自己嫌悪などが出てくる さらにオキシトシンは、精神的な安定を与えるといわれるセロト … [Read more…]

アルツハイマー認知症への分子栄養療法

アルツハイマー型認知症とは 神経伝達物質:アセチルコリンの低下が主原因 食事について<ブレイン・フーズ>:脳を活性化させる食べ物のこと⇨良質なタンパク質+脂質 ① 納豆(大豆食品に含まれるレシチン、チロシン) ② 卵(レ … [Read more…]